2011年01月11日

Santa Project2010庄原市川北町リポート

Santa Project 2010 × 古民家再生
リポート担当者:森本 千尋

◆日時:2010年12月23日(木・祝)
10時〜15時

◆場所:庄原市川北町の古民家

◆参加人数:13人(&ホームテレビ3人)

◆参加費:1500円(保険・昼食代込み)

◆当日の流れ

10時 集合
     サンタ勉強会:庄原市役所 環境衛生課の方による不法投棄の現状のお話
 11時 サンタ昼ごはん:イノシシ肉のお汁&手刈りのお米ごはん
 12時 不法投棄ゴミの回収
 14時 ゴミ回収の終了
     サンタ反省会
 15時 サンタ解散

◆回収したゴミの量:約6t(2tトラック3台分くらい)



◆当日の様子

こちらをご覧ください。
・後藤ひろこさん
http://www.burat.jp/members/writerblog/entry_disp.200706171318-5000029.200708181937-5000039.201012231723-3000024
・森本千尋(Japanese LOHAS)
http://plaza.rakuten.co.jp/jstylechiko/diary/201012250000/

IMG_0550.JPG

IMG_0563.JPG

IMG_0592.JPG

IMG_0593.JPG

IMG_0610.JPG

IMG_0617.JPG

IMG_0659.JPG

IMG_0666.JPG

IMG_0690.JPG


IMG_0712.JPG

IMG_0765.JPG

◆反省会で出た意見・感想
・今後も継続していきたい。
・楽しかった。
・庄原で行われている“さとやま博”とのコラボ企画を行いたい。
・庄原の市街地やイベント時に行うのも良いのではないか。
 例:花火大会・祭り
・田舎は街中とは違い、ゴミが投棄されているのか、土地の所有者が置いているだけなのかがグレー。
・ゴミの量があまりに多くて驚いた。大変だった。
・掃除をした後は気持ち良い。
・不法投棄の現状から、山への投棄が当たり前だった時代が思い起こされる。この問題は、これからの山のあり方にも繋がると思う。
・掘れば掘るほどゴミが出てきて、胸が痛む。
・これまでは見られたら恥ずかしいと思って、ゴミ拾いはこっそり行っていたが、目立ってやる方が楽しく、周りへの影響も大きいと感じた。
・地域でゴミ拾いを行っているが、年々ゴミの量は減ってきているように思う。けれど、山に埋もれてしまっているゴミは全く予想がつかない。
・道端へのポイ捨て、不法投棄はもちろんだが、最近はコンビニや高速道路のSAのゴミ箱がポイ捨て場になっているようにも思う。
・ゴミは、ゴミを呼ぶ力がある。一度ゴミが捨てられると、どんどん貯まっていく。
・ゴミは、自分の恥をさらけ出すもの。そこに文化は全く存在しない。
・1人の力ではどうしようもできないことも、大人数が力を合わせれば大きなことができる。多馬力の重要性を感じた。

◆オプション
その1:2011年1月25日〜30日に、庄原市役所の1階「市民ホール」にて、
サンタプロジェクトの様子をパネル展示。
その2:広島ホームテレビ「Jステーション」の取材あり。
当日の18:30過ぎからのニュースにて放送、古民家再生の取り組みNo.4にて放送されました。


posted by from_grassroots at 14:54| Comment(1) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://hxxfzoc.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年08月02日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。